効果のある美白サプリメントとは?

 

美白に重要なのは紫外線対策

 

季節の変わり目というと風邪を引きやすかったりおなかを壊しやすかったりと、体の調子を崩しがちです。これは健康上の問題だけでなく美容上でも同じであり、一年中同じような美容ケアを行っていたのでは季節によって肌が乾燥したりべたついたり、あるいはくすみやシミが増えたりというトラブルの原因となりかねません。特に美白ケアは、季節に応じて効果的なケアを行っていく必要があります。

 

美白ケアのために最重視すべきはやはり紫外線対策です。その意味で春と夏はしっかりとした対策が求められる時期です。春は冬と比べて急激に紫外線の量が増加してくるため、冬の感覚で簡単なUVケアを行っていると予想外の肌トラブルを引き起こしやすいものです。

 

春というと穏やかな日差しのイメージがありますが、実際は紫外線の量はかなり多めですので、夏を待たず本格的な対策をしていく必要があります。また、夏のUVケアの必要性については言うまでもありませんね。期せずして長時間日光の元にさらされることになっても大丈夫なように、UVケアグッズは常に携帯しておきましょう。美白にサプリも効果的!⇒美白サプリランキング

 

秋はお肌の観点からは中休みのような季節で、紫外線の量も減り適度に湿度もありお肌には優しい季節です。しかし夏の紫外線ダメージが肌には残っているはずですので、季節に甘えることなくここでダメージを取り切っておくことが必要です。

 

そして冬はとにかく乾燥しがちです。乾燥すると気温が低いことと重ねてターンオーバーサイクルが長くなり、とにかく肌がくすむようになります。化粧品の浸透力も下がり肌には悪いことだらけですので、とにかく乾燥を防ぎ保湿を徹底しなければなりません。暖房のかけ過ぎなどにも注意しましょう。

 

しみ、そばかすを防ぐために美白化粧品も大事

 

華麗とともに肌に増え続ける肌の大きな問題と言えばシミやそばかすなど色素沈着の問題です。これらはどうしても肌を老けて見えさせる要因であり、加齢現象で仕方のないものと済ませてしまうにはあまりにも気になるものですよね。

 

そしてこのシミ・そばかすに対抗する手段が他でもない美白化粧品です。美白化粧品は若い方にももちろん有用なものですが、年を重ねてからはよりいっそう重要となる化粧品です。

 

そもそも、シミやソバカスというものはどちらもメラニン色素の堆積によって発生しています。メラニン色素が部分的に過剰となっているために、その色素が外からも視認できる形となり、でき方によってシミやそばかすなどと呼ばれるわけです。

 

そして美白化粧品はこのメラニン色素に対して作用する化粧品であるため、シミやそばかすに直接的な作用をもたらすのです。もっと細かく言えば、美白化粧品はシミやそばかすに対して、これらを消す働きとできにくくする働きの両面の作用を持っており、あるいは化粧品によっては予防と解消のどちらかに特化しているものもあります。

 

シミやそばかすは適切なケアによって年を重ねても発生しにくいように工夫することはできますが、基本的には老化現象ですので100%発生しないようにする対策はありません。

 

したがって、若くシミやそばかすがあまりないうちは予防に努め、できてしまったら解消に努め、そのどちらも美白化粧品が対策の肝となるため、自分の肌に合った美白化粧品を見つけておくことはとても重要なことです。

美白と日焼け止めの関係

日焼け止めを塗ることは、美白を望むのであれば欠かさずに行うべき、基本的な対策になります。オゾン層の破壊が進行しているいま、赤ん坊でも日焼け止めをすることが当たり前の時代となっています。女性の多くは自分の日焼け止めを持っている方も多いのではないでしょうか。日焼け止めを選ぶ際には注意しましょう。肌への刺激などを考慮して、自分に適した日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

SPF

 

SPF、あるいは+++。日焼け止めによく印字されている文字です。+++とは、いくつか種類がある紫外線の内、A波とB波に対して遮断効果があるという意味を指しています。一方でSPFとは、どれだけの「時間」、紫外線を遮断してくれるのかを示す指標になります。

 

ここでひとつ、勘違いしやすい点に触れておきたいと思います。SPFの数値が高くなることでより上がるのは、「紫外線を遮断する時間」です。つまり、数値が高いからと言ってもその遮断率にはほとんど大きな違いは見られないのです。例を挙げると、SPF=15では95%、SPF=20では97%となります。

 

もしも長時間の間、外出するのであればSPFが20以上のものを、そうでないのであれば、SPFは20程度もあれば十分ということになります。なお、日焼け止めの平均持続時間は大体3時間ほどになります。そのまま上から塗り直しても問題ありませんが、気になるという方は制汗シートなどで拭き取ってから塗ると良いかと思います。

 

こまめな塗り直し

 

日焼け止めの効果は、平均して3時間と意外に短いです。そのため小まめな塗り直しが大切になります。また、外出していないときにも紫外線は知らず知らずに浴びてしまっています。直射日光が無くとも紫外線には触れているのです。壁や天井による反射です。日中、陽が差し込む部屋の中は明るさに満たされています。

 

それは、壁や天井が日光反射することで空間全体に行き渡らせているからなのです。日光あるところに紫外線ありです。屋内だからと言って油断せず、日焼け止めは小まめに塗るよう心がけましょう。

 

参考:しみ・そばかす消す化粧品と口コミランキング@おすすめはどれ?

更新履歴